リモートワークに取り入れた工夫やアイテムって何?〜リフレッシュ編〜

みなさん、リモートワーク(在宅勤務)してますか?


緊急事態宣言下、不要不急の外出の自粛が要請され「自由に外出できない」というこれまでになかった状況に、ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。 

というわけで今回は、FCEグループの仲間が自宅でリフレッシュするために取り入れた工夫やアイテムを聞いてみました。

「社会の課題にビジネスで挑む」FCE社員ならではの課題解決のヒントが見つかるかも…?

↑前回の記事はこちら


今回ご協力いただいたのはこちらの6名です…!

 

近藤さんが取り入れたアイテム(運動グッズ)


FCEプロセス&テクノロジー パートナー支援部の近藤さんが導入したのは運動グッズ

近藤さん一家は、元々全員が体育会系で筋トレや体感トレーニングは日常的にやっていたそう。
動きに工夫を加えるために、ヨガマットやラダーを購入したり、体力を維持するために縄跳びを購入して毎日二重跳びを100回行っているという近藤さん。

どうしても運動不足になりがちなリモートワーク。リモートワークになってから、体力低下を感じるという意見は多かったです。
ストレッチなどまずは軽い運動を取り入れ体力維持したいものです。

現在もほぼ自宅で仕事をしている近藤さんは、通勤時間が無い分、朝に余裕ができたそうです。
読書をしたり、お子さんを急かすことがなくなり、やる気にさせてから学校に出せるようになったそうです。朝の余裕大事ですよね。


中野さんが取り入れた工夫(ベランダ休憩)

Findアクティブラーナー エリアマーケティング部の中野さんが導入したのはベランダ休憩。

自由に外出できずストレスを感じている方、外の空気を吸いたいという気持ちをなかなか抑えられない方も多いのではないでしょうか。
中野さんも外の空気を吸いたい………という思いが募り、ベランダに出て休憩することを取り入れたそうです。

仕事をだらだらし続けてしまうという意見も多く、自宅での仕事はオンオフを切り替えるのが難しいと感じている方は多いようです。意識的に休憩をとったり、窓を開けて換気するだけでも心も体もリフレッシュできそうです。

現在も週4日はリモートワークをしているという中野さんは、その他にもアロマディフュ―ザー、充電式のほっとアイマスクを購入しリフレッシュしているそうです。

 

橋立さんが取り入れたアイテム(ハンモック風の椅子)


FCEトレーニング・カンパニー マーケティング部の橋立さんが導入したのはハンモック風の椅子

もともと実家で同じものを使っていたそうで、気分転換リフレッシュのため購入したという橋立さん。

寝っ転がるハンモックは置けなくても、折り畳みができるハンモック風の椅子なら置けるかも?
ベランダでの休憩をもっと快適に過ごしたい!自宅でアウトドア気分を味わいたい………という欲求を叶えてくれそうですね。

現在も週4日はリモートワークをしているという橋立さんは、筋トレ、ストレッチ、散歩も定期的に取り入れリフレッシュしているそうです。

八木沼さんが取り入れたアイテム(飲み物フレーバー)


FCEトレーニング・カンパニー セールス部の八木沼さんが取り入れたのは飲み物フレーバー

自粛前は気軽に行けたカフェが恋しい………という課題を解決するために紅茶や緑茶、黒豆茶など、飲み物のフレーバーを増やしたという八木沼さん。

リラックスしたいときはハーブティを飲んだり、気分や目的に合わせた飲み物でリフレッシュ。お茶を入れる動作もオンオフの切り替えになってちょっとだけ丁寧な生活をしている気分になれるそうです。

現在も週4日はリモートワークをしているという八木沼さんは、ストレッチや散歩をしたり、ベランダで昼食をとったりしてリフレッシュしているそうです。これからの季節は、アイスティーにフルーツを入れてプチ贅沢するもいいですね。自宅カフェ&ピクニック最高です〜!

購入先:N.HARVEST(エヌ・ハーベスト) 公式サイト

 

井上さんが取り入れたアイテム(アロマディフューザー)


FCEエデュケーション 学習塾事業部の井上さんが導入したのはアロマディフューザー

家にいる時間が長くなり気軽にリフレッシュできるものとして取り入れたアロマディフューザー。
しかも、手のひらサイズで気軽に持ち運びができる上に充電式という優れもの!

いただき物で、これまではほとんど使っていなかったという井上さん。
現在は、リラックスタイム、眠気覚ましなど目的に合わせた香りを選んで気軽に気分転換を楽しんでいるそうです。

アロマの中には抗不安作用、鎮静作用、抗うつ作用などのストレス軽減効果を有するものがあるそうです。(引用元:東邦大学ーアロマと嗅覚、そしてストレス

現在も週4日はリモートワークをしているという井上さんは、お子様と一緒に筋トレやストレッチもしてリフレッシュしているそうです。

 

佐藤さんが取り入れたアイテム(ハーブ)


Findアクティブラーナー エリアマーケティング部の佐藤さんが導入したのはハーブ

以前からハーブ栽培に興味があり、リモートワークで家にいる時間が長くなったこともあり気分転換のために苗を購入しハーブを育て始めたそうで「ラベンダーの花はかわいい」、「ミントはどんどん大きくなる」という佐藤さん。

植物の成長をみるのは、なんともいえない幸せな気持ちになりますよね。
今年は外出自粛で気軽にお花見することもできず、植物のありがたさに気づいた方も多いのではないでしょうか。

植物がある部屋での作業は、生産的でストレスが少なく血圧も低くなるという研究データもあるそうです。植物ってすごい!(引用元:Harper's BAZAARー部屋に植物を置くことの5つの健康メリット

現在もほぼ自宅で仕事をしているという佐藤さんは、3食自炊するようになり血液検査の結果が実際によくなったそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

FCEグループは、緊急事態宣言から約2ヶ月間できる限りのリモートワークを推進してきました。
各部門の業務内容や所属する部門によって異なりますが、緊急事態宣言全面解除後もリモートワークとオフィスワークのハイブリッドで業務をしていくことになり、リモートワークをしている社員を対象にリモートワーク推進費(毎月2000円)が支給されることになりました。

前回同様、本来通勤に使っていた時間に運動やインプットをしたり、3食自炊で節約できた、健康的になった、家族との時間が多くなったというリモートワーク最高の意見は多かったです。

しかし今回は緊急事態宣言下のリモートワーク。
不要不急の外出の自粛が要請され、これまで当たり前だったことが制限され「ずっと自宅にいること」にストレスを感じていた方は多いということがわかりました。

換気をこまめにしたり、お部屋に植物を増やしたり、自宅で過ごす時間が増えた今だからこそ出来ることを探してみるというのもいいですね。

関連記事

最近の記事

  1. 今月のイベントはございません。

OneStory