リモートでお互いの名前と顔が一致しない問題をどうする?Profiee Teams導入スタート! #最適な働き方って研究所

こんにちは!広報担当の今川です。

FCEではリモートを中心に、1週間に1回程度(メンバーによっては、2週間に1,2回)ほど出社するハイブリットワークが主流となっています。

以前のFCEグループでは各社が同じフロアで勤務しているため、コロナ禍の前は会社の枠や部署やチームを超えたコミュニケーションが活発に行われていました。

しかし、リモートワークが増え、出社が減ったことでなったことにより、社員間のコミュニケーションも希薄に…。

そんな状況でどんどん人数も増え、「顔と名前が一致しない」という状態が増えてきてしまったのです。


これまでのFCEグループのいいところは、会社で顔を見れば、挨拶やちょっとした雑談が生まれる風土だったのに、顔と名前が一致しない状態になってしまったことで…「あの人って誰だっけ?」「顔は見たことがあるけど…」と、なかなか会話も生まれづらい状況になったしまったのです。

これは新しく入社いただいた方にとっても重大なテーマでした。どの部署にどんな人がいるのか全く分からない状態のでチームにはなじめてもなかなかグループになじむのに時間がかかってしまうということもありました。

以前と同じような環境に、どうしたらなれるのか?

ハイブリット勤務でも、何か工夫できることはないのか?

そこでFCEグループでは、ある取り組みをスタートしました!!

社員名簿を作ろう!



そこで導入したのが「 Profee Teams」というツールです。

★Profiee Teamsとは?




リモートワークでも相互理解を自走化させ
「社員同士の結びつき」を強くして
「組織パフォーマンスを高める」サービスです。


プロフィールはProfeeTeamsを使えば、メンバーの顔写真はもちろん、どの組織にどんな人がいるのかも一目でわかります。

その人の過去, 現在, 未来が共有できる「ヒストリー」





組織が歩んできた歴史も共有できます。
特に最近入った方々には、これまでのFCEグループの歴史を追体験してもらえればと思い、
コンテンツも充実させていく予定です。





定期的に配信される「Q&A」への回答








同僚から書いてもらう「紹介文」





「性格診断」
などさまざまな観点から、その人を理解することができる社員名簿なのです。

プロフィールをみることによって「共通点」の把握や「新たな発見」があり、相互理解 が深まりました!


実際に私も使ってみて、自分と誕生日が近い方を知ることができたり、
性格診断で同じような診断が出ている方に親近感が湧いたりと、
まるで出社してみんなと話しているような気分になれました。

また、お互いにコメントし合うことができるので、面白い回答や気になる回答をしている人には、こんなやり取りも…(笑)





「ProfeeTeams」の活用によって、名前と顔が一致しないという問題は解決!さらには、お互いのプロフィールやQ&Aへの回答によって、これまでにない雑談やコミュニケーションがうまれています。
社内でコミュニケーションがとりやすくできるように工夫しています!
今後も使用していき、よりよい活用法を考えていけたらと思っております。

こちらの記事もおすすめ!


※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。

この記事が気に入ったらシェアをお願いします!