【内定者も含め全員参加!】2022年9月期 戦略的中期経営計画発表会を開催しました!

2021年10月22日。FCEグループの全社員がzoom上に集まりました。


全社員がzoom上に集まると圧巻です。FCEグループでは月に1~2回全社員研修があるので、全員で集まる機会はあるのですが、今日は少し雰囲気が違います。





(…Zoomに漂うほのかな緊張感)


そう、今日は1年に一度の『戦略的中期経営計画発表会』なのです。


FCEグループでは、毎年『戦略的中期経営計画』を各部署で策定し、内定者も含む全社員に共有をしているのです。


ここで、「戦略的中期経営計画」とは何かと気になった皆様、さすがです。
なぜ「中期経営計画」ではなく「戦略的中期経営計画」なのか。
それは、FCEグループで考える経営計画とは他とは少し違うからなのです。



戦略的中期経営計画とは?


多くの場合、中長期的な売上や利益といったKGIを設定し、達成するための営業戦略や計画を立てます。これが一般的にいう『中期経営計画』です。



私たちが考える『戦略的中期経営計画』とは、売上・利益等の数値目標を達成することを目的とせず、企業体質の改善・強化を主な目的として策定される経営計画です。
もちろん経営数値はとても大切なものですが、目先の数値ばかりに集中してしまうと、企業体質を弱体化させてしまうことになりかねません。加えて、VUCAといわれる社会の中で企業を発展・存続し続けるためには、めまぐるしい変化に環境適応しながら、得たい結果を得るための企業体質を強化し続けることが求められます。
例えば、営業構造はどう改善していくのか?商品力はどう強化するのか?そのために組織構造はどうするか?人材能力は?組織風土は?という観点で、自社の現状把握、業界予測や将来の成功要因の分析なども含めると、数か月をかけて策定しています。



更に特徴的なのは、この策定の考え方やプロセスを全社員が学んでいることです。すべての社員がどのような前提で経営計画が策定されるものなのかを共通の認識をもつことができています。



「ビジョンは白紙」


そして、FCEグループが他社と違うであろうもう1つの点がコレ。FCEグループでは3年後の2024年に売上を今期の3倍にするというテーマを掲げています。しかし…どうやってそれを実現するのか。その部分に代表からの方針はありません。 代表から語られたメッセージはこうです。



「経営の教科書的には、トップがビジョンを指し示すというのが正しいやり方なのかもしれない。どの本を読んでもそう書いてあるよね。でも、僕はこう思うんだよね。『僕が描いたビジョンでいいの?そんなの本当にやりたいの?』って。
僕は白紙のキャンパスを用意する。だから、それぞれが本気でやりたい『企て』を描いてほしい。FCEグループでこれを成し遂げたい、これをやりたいってことを。もちろん僕自身もいろいろなことを『企て』ていくよ。みんなの企て、ビジョンを実現する会社にしよう。そして、その結果として、まずは3年後売上を今期の3倍にしよう!』



そうです。そうなのです。他人に言われて「そうですね」「それやります」という私たちではないのです。こんなこと実現したい、こんな会社にしたい。そういうなんとも前のめりなメンバーが多いのがFCEグループなのです。

代表の言葉の通り、中期経営計画発表会では、各チームからワクワクのレベルを遥かに超えるワクワク(極貧ボキャブラリー…)するビジョンとその実現に向けて緻密に練られた中期経営計画が発表されました。




▲ブランディングチームから共有されたブランディングvisionの一部。


この発表会は、今年もオンラインで行われ、なんと10時から16時まで、zoomもびっくりの7時間!(うちお昼休憩1時間、正確には6時間)10チームからの発表となりました。



そんな長時間かよ!と思われるかもしれませんが、これが不思議…あっという間なのです。



しかも、各チームとも練りに練ったプレゼンテーションの数々…。
『マツコの知らないFCEの世界』など番組をバロディったものから(マツコさん、ごめんなさい)、動画を駆使して発表するチームもあれば、落語のような語りで聞かせるプレゼンテーションもあり、業界や競合分析を踏まえた真面目なものまで…(←本来はこうあるべき)



まさに『企て』集団のFCEグループ。そして、各チームが発表するごとに、Zoomのチャットは大盛り上がり!



中経が終わるころにはワクワクするビジョンに絶対に実現するぞ!という気合でもいっぱいになりました。



FCEグループの中経では、参加者は内定者も含め、全社員が各チームの方針を理解します。そして、発表ではワクワクするビジョンと同時に、経営数値や課題なども包み隠さず共有されます。それは『自分の事業部だけよければよい』ではなく、グループの一員として、各チームの成功や課題解決にも関心を持ち、積極的に関与する広い視野と視座の高さを持ってほしいという想いがあるからです。そしてその想いの通り、一人ひとりが自分事として捉え、真剣に聞いている様子が画面上からもびんびん伝わってきました。



今年も、中期経営計画発表会を通じて、FCEグループが未来に向けてさらに一丸となる大事な機会となりました。



さぁ、今年も新たなチャレンジの一年が始まりました。



FCEグループをどうぞよろしくお願いします。



▼自らで自らの道を切り拓く力を身に着けた子どもたちを!
 FCEエデュケーション
https://www.fc-education.co.jp
▼集合天才型チームづくりによって働くをもっと面白く!
 FCEトレーニング・カンパニー
https://www.training-c.co.jp
▼最先端のテクノロジーで人の価値ある時間をつくりだすDX推進カンパニー!
 FCEプロセス&テクノロジー
https://fce-pat.co.jp
▼多くの人の心に良い方向を生み出す種をまく!7つの習慣を生き方のフレームワークに!
 FCEパブリッシング
https://fce-publishing.co.jp
▼たくさんの人に「明日も頑張ろう!」を!経営を通じて激しく活躍する人財を送り出す!
 ダイニングエッジインターナショナル
https://diningedge.co.jp
▼FCEグループを最強の集合天才チームに!
 FCE Holdings
https://fce-group.jp


※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。

この記事が気に入ったらシェアをお願いします!