祝!9年連続受賞!働きがいのある会社ベストカンパニーに!

やったぁーーーーーーーー!!!

FCEグループが今年も「働きがいのある会社」ランキングのベストカンパニーに選ばれました🎊🎊🎊

今年は≪ 中規模部門 第6位 ≫!そして、≪ 9 年 連 続 ≫のベストカンパニー受賞です!

これもひとえに日頃FCEグループと一緒に「チャレンジあふれる未来をつくる」ことに挑んでくださる、お客様、お取引様、関わるみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。

今回のFaCE!ではこの喜びと御礼をお伝えするとともに、

「なぜ、私たちFCEは“働きがいのある会社”であることに、こだわるのか」
「このコロナ禍でも、行ってきた“会社づくり”は何か?」

について、お伝えしたいと思います。

9年前。親会社の民事再生、立て直す中での初受賞

私たちFCEグループと「働きがいのある会社ランキング」の歴史は、2013年にさかのぼります。

当時、私たちは(当時)親会社が民事再生し「FCE」として再出発を、なんとかきったばかりの状態でした。
オフィスは狭く、事業もバラバラ。グループとしての結束力があったかと言われたら、個々人が苦しい状況を生き抜くのに必死。

そんな状態でした。

しかし、事業やバリューの軸となっていた『7つの習慣』の考えを体現しようと、
一人ひとりが会社の状況に不平不満を言うのではなく、
「この状況を、どう自分自身の行動でよりよくするか」
と、インサイド・アウトの考えで、当事者として事業の立て直しに立ち向かっていた時期でもあったのです。

そんな中で「まずは自分たちの組織の現状把握をしよう」とエントリーした「働きがいのある会社ランキング」。受賞なんて望まず、とにかく自分たちの組織の状況診断だと考えてのエントリーでした。

しかし、その結果はなんと「働きがいのある会社ランキング  8位」!!!(小規模部門)

自分たち一人ひとりの在り方、会社をなんとかしようと思って考え行動してきたことは、
「間違いではなかったんだ」
そう思わせてもらえる、組織や事業に自信を持つことのできる結果を手に入れることができたのです。

自分たちの組織を、事業を誇る

2013年の受賞から、

「今の組織の現状を知る」
「そしてよりよくなるための一手を考える」
「FCEが目指す“いい会社”の定義を更新し続ける」

そんなきっかけとして、「働きがいのある会社ランキング」にエントリーを続けてきました。

人数や、創業当時を知らないメンバーも増え続ける中で、毎年結果発表時は全社でドキドキ…!

しかし、こうして無事9年自分たちの組織、そして事業を誇るきっかけをいただいております。

2020年の、FCEの取り組み

毎年、ドキドキして迎える発表ですが、今年はまたいつもとは違う緊張感がありました。

それはやはり2020年に日本、そして世界に影響と変化を及ぼした
「コロナ感染拡大防止」の対策による影響。

FCEでも例外なく、一時期は事業ダメージを感じる瞬間がありましたし、
リモートワークという「一人時間」が増え、社員同士のコミュニケーションが減ることで
これまでのような「一体感を持った組織づくり」ができなかったのでは…という不安もありました。

しかし、FaCE!でも発信してきたように、こういう時だからこそ
「あえて、挑む」FCE。

日に日に変わる環境下、少しでも社員全員で「働きがい」を高めていく会社づくりができるよう
様々なチャレンジをしてきました。

すでに、伝えていることも多いですが、2020年特にFCEグループ社員一人ひとりの
「働きがい」を支えてくれたんじゃないかな、と思う施策を最後に紹介させていただきます!

コロナ禍での私たちの取り組み

【1】“働きがい”は与えられるのではなく、自ら見つける!「7つの習慣®」研修の全社員受講

私たちFCEグループでは、全員が『7つの習慣®』研修を受講し、
毎年、課題図書として『7つの習慣』を読むことを続けています。

それは、“働きがい”は与えられるのではなく、自ら見つける!
そんな、『自ら働きがいを生み出す文化』を築くきっかけになるから。

『7つの習慣』を通して、自分のミッションと組織のミッションをすり合わせ、
仕事の時間と、自分の人生を切り分けて考えるのではなく、
自分の人生の一部として捉え、会社と個人の人生がWin-Winの関係を築き続ける
企業文化の土台を築き続けています。

【2】共通の価値観(Value)の理解と実践

私たちは大事にしている8つのValue(価値観)があります。
Valueを実践していくために様々な取り組みをしています。

インプット:Value研修(隔週1時間半で実施)

グループ代表の石川が隔週で実施。
2015年からスタートしたValue研修も、70回を突破!

2020年コロナ禍においても継続、Zoomを活用し実施いたしました。
リアルで会えなくても、月2回はほかの社員の顔を見ることもとても良い影響がありました。

【3】新型コロナウィルスへの対応として行った施策

こちらはたびたびお伝えしてきましたが、
コロナ禍でも「繋がり」を感じあえること「長期的な体力づくり」を行うことを主軸に
様々な取り組みを実施してきました。

□免活(めんかつ)プロジェクト

□リモートワークの工夫、グッズの作成

□リモートランチ&飲み会インセンティブ

□リモートワーク推進費

4月以降リモートワーク推進での勤務を続けており、
現在も多くの社員がリモートワークと出社のハイブリット型の勤務を継続しています。

特に緊急事態宣言中は自宅にて勤務をする場合が多く、
自宅で仕事をするための環境整備や通信費を
補助することを目的にリモートワーク推進費が支給されました。

FCEは、これからも

これからもFCEグループは、社会の課題に挑み、新事業を創り出すとともに、

自らの「働きがい」関わる方々の「働きがい」も創り出す存在であります!

いつも私たちの「働きがい」の源泉である、一緒にかかわり仕事をしてくださるみなさま!

これからも「新たな未来を創り出す企業家集団(Future Created by Entrepreneurs)」として、

自らがチャレンジし続け「チャレンジあふれる未来をつくる」を理念の実現に向けて

「あえて、挑み続ける!」FCEを、どうぞよろしくお願いいたします!

 


※本記事掲載の情報は、公開日時点のものです。

この記事が気に入ったらシェアをお願いします!